顔のたるみやしわの改善に効果的

顔のたるみ 解消法

顔のたるみを解消できれば5歳は若返ります
もっともおすすめのたるみ解消法を紹介

 

真皮層の衰えの原因である紫外線対策と肌に十分栄養を運び老廃物の除去を促すために、に血行をよくしてあげることも効果的です

 

基礎化粧品によるエイジングケアとフェイスマッサージがおすすめです。

 

そして、もうひとつの原因でもある表情筋を鍛えることも重要です

 

女性ホルモンの分泌量が低下することで、繊維芽細胞から分泌されるコラーゲン量も減ることが知られています。
それよって、肌表面のハリや弾力を支えている真皮層のエラスチンやコラーゲンの変化に影響を与えます。

 

20代を過ぎると穏やかに女性ホルモン分泌量が低下し、40歳を過ぎると急激にその機能が低下するので、日頃から女性ホルモンの機能をサポートするサプリメントと化粧品の使用をお勧めします。

 

コラーゲン生成を促し、弾力のある肌へとサポートしてくれる成分の入ったスキンケア化粧品などを上手に利用して顔のたるみを改善していきましょう。

 

たるみ解消のスキンケア商品はこちら

顔のたるみ 原因

女性の肌年齢の悩みに顔の「たるみ」
肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく肉と皮膚
老け顔のもっとも大きな要因でもありますが「たるみ」はしみやしわと違って、なかなか自分では気づきにくいお肌のエイジングサインのようです。

 

①最大の原因は真皮層の衰え
肌表面のハリや弾力を支えているのは、真皮層のエラスチンやコラーゲン
真皮層はそのの下にある脂肪層も支えています。

 

脂肪層は20歳前から徐々に減っていき、真皮層も30歳を過ぎたころから衰え始めます。

 

年齢を重ねていくと、肌を支える力が弱まり、たるみがおこってきます。
たるみを感じる部分は、目の下、頬、鼻のワキから口角、フェイスラインなどの脂肪が多い部分です。

 

②もうひとつの大きな原因は、筋肉の衰え
顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があり、真皮層に繋がっています
表情筋は皮膚の土台となっているため、その土台である筋肉が衰えてくると、顔がたるんできます。

 

③紫外線や加齢は皮膚を乾燥させやすくします
お肌が乾燥すると、皮膚の組織自体が弾力やハリがなくなり、顔のたるみとなってしまう。