エイジングケアでほうれい線を予防・解消しよう!

40代のほうれい線

ほうれい線を意識するエイジングサイン

  • 目元がぼやけた印象になり、アイライナーが簡単に引けない。ほうれい線がはっきり分かり、全体的にハリがなくなり、たるみがわかる
  • ほうれい線が、どれだけ保湿しても、その他のケアをしても消えなくなった
  • 証明写真を撮ったとき、ほうれい線がクッキリ!!目の下の肉が落ちてくぼみが...
  • 化粧ではどうにも隠せない。上を向いたり、下を向いたり、角度を変えても写真は正直で...

 

40代になると、大抵の方にほうれい線がくっきり目立つようになります。
ほうれい線がくっきり目立つと、一気に老けて見えてしまいます。
ほうれい線はいつまでも若々しくありたい女性にとっては大敵な存在です!

ほうれい線を薄くするには積極的なお手入れが必要になります。

ほうれい線対策の為のスキンケア化粧品はこちら

ほうれい線の原因

肌の弾力
弾力があってハリのある若い肌は、表情の変化や重力に負けることなく「ピン」と張った状態を保っています。
加齢によってハリや弾力が失われると、肌が自らの重みを支えきれなくなり、表情の変化によってクセ(しわ)がつきやすくなったり、肌が自らの重みを支えきれなくなってしまいます。
その結果、ほうれい線が鼻の両脇から口元へと出来やすくなります。

 

紫外線による光老化や乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、ハリ・弾力の低下はほうれい線を深刻化させる最大の原因です。

 

このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば改善に向かうため、基礎化粧品でのエイジングケアが効果を発揮しやすいタイプです、根気強くほうれい線対策を続けることがカギです。

 

顔の筋肉の衰え
表情の変化などで頻繁に活躍する筋肉(=表情筋)の割合は全体のたった20~30%程度といわれています。
つまり顔の筋肉の大半があまり使われていないのです。

 

顔の筋肉が落ちることで、ほうれい線が出来やすくなります。

 

筋肉は使わないでいると衰え、やがて皮膚の重みを支えきれなくなり、皮膚が垂れ下がってしまいます。

 

この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こすほうれい線の解消のカギは、ズバリ「筋トレ」フェイスマッサージなどのフェイササイズを取り入れたほうれい線対策が有効です。

 

骨格等の生まれつきの原因
ほうれい線の現れ方には個々の骨格も関係があるようです。
肌の衰えとは無縁な年頃でもほうれい線が目立つ方は多く、悩まれている方も多いと思います。

 

このようなタイプのほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しているようです。
このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策が有効でしょう。

ほうれい線対策に効果!?EGF配合スキンケア化粧品はこちら

ほうれい線の解消法

一般的に、ほうれい線の悩みを解決する方法

  • スキンケアによる解決
  • マッサージによる解決
  • プチ整形による解決

 

一番簡単で毎日の生活の中に取り入れやすいのは、基礎化粧品によるエイジケアです。
美容液や化粧水などで水分を補給し、水分を逃さない様に保湿をすることも重要です。

 

肌が乾燥するとお肌のハリやうるおいが衰えて、シワが出来やすくなります。

 

ほうれい線には、保湿効果のあるヒアルロン酸成分配合の美容液・化粧水が有効のようです。

 

生活の中で一番気をつけたいのが「紫外線」です
紫外線を浴びることによりお肌の内部組織、(お肌の弾力に関わっているヒアルロン酸やコラーゲン)が衰えてしまいます。

 

 

せっかくエイジケアを心がけていても、お肌の内部が壊れていたら意味がありません。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンを含む美容液で保湿をすることが大事です。
保湿効果が高いジオウ、オウレン、ヨクイニン、セイヨウサンザシ、高麗ニンジンなどといった和漢植物エキスが入った美容液だとさらに効果的だと言えます