年齢肌のハリと潤い対策はこれだ!

40代 肌のハリと潤い

肌年齢を感じるエイジングサイン

  • 1回目のお肌の曲がり角では、少々の睡眠不足でも肌が荒れるようになった。2回目では集中パックなどのスペシャルケアの即効性が無くなった。
  • 30代のころは、子供を出産してから目の下のクマが気になり始め、40代半ば頃には額のしわがクッキリ出るようになった
  • 今までと同じスキンケアでは、肌が乾燥するようになった

 

若い頃の肌のようにプルプル、弾力のある肌を取り戻したいですよね。
若い人の肌とお年寄りの肌では最大の違いが、うるおいです。
うるおいがあるからハリやツヤもあるわけで、若々しいきれいな肌になりたいなら、潤いを保つスキンケアを意識しましょう。

ハリと潤い を整えるスキンケア化粧品はこちら

ハリ・弾力をつくるお肌の基本構造

ふっくらとした豊潤な肌を作るのは、高密度のコラーゲンと弾力のあるエラスチン

肌の内部はベッドの構造と似ています。
ふかふかのマットレスと身体をやさしく支えるスプリングのように、肌ではコラーゲンがマットレス、エラスチンがスプリングの働きをします。

 

ハリの源となるコラーゲンと、弾力を支えるエラスチンは、この2つがお互いをサポートし合うことで、まさに理想的なベッドのように、ふっくらとしたハリ感を肌にもたらします

 

年齢肌によるハリのなさの原因

 

年齢による肌の衰え
年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少
肌の水分量も大幅に減少しています
健やかな肌では新しいコラーゲンが絶えず作られています。

 

年齢を重ねて代謝が衰えると、古いコラーゲンの排出が滞り、新しくコラーゲンを作り出す働きが鈍ってしまいます。
新陳代謝が悪くなった肌はコラーゲンとエラスチンの質と量が低下し、弾力を失い水分を蓄える機能も低下していきます。

 

また大人の肌は、1日の生活リズムの中で、外的環境などの影響によりお肌のうるおい状態が大きく変化するのも、問題です。
若々しい肌よりもターンオーバーの乱れによってうるおいが浸透しにくいうえ、乾燥や紫外線など外的ダメージを受け、うるおいを保持して育む力が衰えてしまいます

 

お肌のターンオーバーを改善!EGF配合スキンケア化粧品はこちら

エイジングケアの化粧品でハリのあるうるおい肌を

年齢を重ねるにつれ衰える「ハリ」と「うるおい」
やがてそれがシワやたるみなどのエイジングサインとして現れます

 

肌年齢に差をつけるのは「肌の水分量」です
肌の奥から湧き上がるような潤いが実感できる積極的な保湿をする必要があります

 

エイジング効果のある化粧品でハリ肌を取り戻す
肌の真皮に弾力を与えるエイジング化粧品を使いましょう。
毎日のスキンケアで、不足しがちな肌の栄養素と水分を補い、積極的なエイジングケアをしましょう

 

紫外線から肌を守る
紫外線は肌の水分を奪い肌の真皮にダメージを与えます。
真皮がダメージを受けると肌の弾力はどんどんなくなっていきます。紫外線からは必ず肌を守りましょう。

 

フェイスマッサージとストレッチで元気でハリのある肌に
フェイスマッサージやお顔のストレッチなどで顔に運動をさせて 肌の筋肉を鍛え肌を健康にしましょう。

 

ハリと潤い を整えるスキンケア化粧品はこちら