40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

冬の紫外線対策

紫外線対策というと夏のイメージが強いと思います。

 

しかし、冬でも紫外線対策をした方がいいといわれていますが、本当に必要なのでしょうか?

 

結論からいうと冬でも紫外線対策はした方がいいです。

 

そもそも紫外線は1年中発生しているので、本来は夏だけではなく、どの季節も気をつけないといけません。

 

特に冬は肌が乾燥しがちなので、そこに紫外線を浴びてしまうと大きなダメージを受けることになりますし、さらなる乾燥を招く原因にもなります。

 

このように冬でも紫外線による肌トラブルは起きてしまうので、日頃から紫外線対策をしてください。

 

日焼け止めクリームを顔や体に使用したり、サングラスや帽子を身につけるのもいいでしょう。

 

そして、特にスキーやスノーボードといったウィンタースポーツが好きな人は要注意です。

 

スキー場に行くと当たり前ですが辺り一面が雪で覆われています。

 

そこに紫外線が当たり、反射することで日焼けをすることも珍しくありません。

 

冬だから問題無いと思っていると将来肌がとんでもないことになるので今のうちから気をつけてください。

シャワーよりもお風呂に入った方が肌によい

シャワーよりもお風呂に入った方が肌にいいといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

結論からいうと本当です。

 

これは湯船に浸かることで、体の芯まで温め、血行を改善できるからだと思ってください。

 

シャワーでも十分に温めることができそうですが、実際は難しいです。

 

シャワーだけだと皮膚の表面上しか温めることができず、体の内側を温めることはできません。

 

せっかくお風呂に入るのなら、浴槽にお湯を溜めて、ゆっくりと浸かってください。

 

そして、血行改善におすすめなのが半身浴です。

 

普通に湯船に浸かるよりも半身浴をした方が体を温めることができますし、汗もたくさんかけるので老廃物を排出できます。

 

半身浴をする場合、お湯はぬるいと感じる38度くらいに設定してください。

 

これ以上熱いと長時間入浴することができず、体が温まる前に出ないといけません。

 

38度くらいの温度なら20分~30分くらい浸かることができると思います。

 

汗を大量にかくと思うのできちんと水分補給をしながら行うようにしてください。