40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

冬のスキンケアのポイント

冬のスキンケアのポイント

  • 肌の乾燥防止
  • 血行促進

 

冬になると空気が乾燥するので、それに伴って肌の水分も奪われます。

 

水分が奪われて肌が乾燥すると肌荒れやシミ、シワなどができやすくなるので注意が必要です。

 

乾燥による肌トラブルを防ぐためにも保湿と保水を念入りに行うようにしてください。

 

いつもは肌が乾燥しづらい人でも冬になるとカサカサになってしまうこともあるので、洗顔後や入浴後は化粧水を使用したり、乳液を使うようにしましょう。

 

そして、冬になると寒くて血液の流れが悪くなります。

 

血液の流れが悪くなると肌細胞に十分な栄養を届けることができず、新陳代謝が乱れてしまいます。

 

その結果、肌トラブルを起こしてしまうので、血行促進を心がけてください。

 

血液の流れが良くなれば、新陳代謝が活発になり、健康的な肌をつくりやすくなります。

 

冬になると肌トラブルが多くなるので、こういったことに注意して生活を送るようにしてください。

お湯で洗顔するのは良くない?

お湯で洗顔するのは良くないという意見もありますが、これは本当なのでしょうか?

 

結論からいうと高温だと肌に悪いのでやめた方がいいです。

 

熱いと感じる程度のお湯で洗顔をしてしまうと本来必要な皮脂まで全て落としてしまうことになります。

 

そうすると肌が乾燥して、その乾燥を予防するために皮脂の分泌が活発になってしまうのです。

 

その結果、皮脂が毛穴を詰まらせ、肌荒れを起こす危険があります。

 

また肌が低温火傷の状態になってしまい、赤みも出てしまいます。

 

逆にあまりにも温度が低い水だと皮脂をきちんと落とすことができないので注意してください。

 

洗顔をする際の適温は32度前後だといわれているので、この温度を意識して洗顔をするようにしましょう。

 

ただ、あまりにも温度ばかりを気にしてしまうとそれがストレスになり肌にも良くないので、お湯を出した時に少しぬるいと感じる程度なら問題ありません。

 

高温のお湯で顔を洗っているという方は、今からでも温度を見直してみてください。