40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

コエンザイムQ10のアンチエイジング効果

コエンザイムQ10には、アンチエイジング効果があるというのは本当のことです。

 

コエンザイムQ10の特徴としては、何をおいてもまず、抗酸化作用を持つ成分ということが挙げられるでしょう。

 

この抗酸化作用がアンチエイジング効果をもたらすのです。

 

人間の体(細胞)の老化は、酸化によるものです。

 

一時期、かなり話題になりましたから、活性酸素という言葉を知らない方はいませんよね。

 

この活性酸素は、人間が生きて暮らすためには必要なものですし、生きていく上でどうしても体の中で発生してしまうものなのですが、体を老化させてしまうという側面も持っているのです。

 

活性酸素は体内の細菌やウイルスなど、害になるものを退治するために必要なものである反面、同時に自分の体の細胞も老化させてしまいます。

 

ところが、コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があるため、活性酸素が細胞を老化させるのを防いでくれます。

 

つまり、老化防止効果(アンチエイジング効果)があるということになるわけです。

コエンザイムQ10の抗酸化作用

コエンザイムQ10の抗酸化作用とは、どのようなものなのでしょうか。

 

近年人気のコエンザイムQ10は、その強い抗酸化作用が認められていますが、その抗酸化作用とはいわゆる「老化防止に役立つ力」なのです。

 

人間は酸素がなければ生きていくことはできませんが、実は、酸素というのは大変有害な物質でもあります。

 

酸素は多くのものを酸化させてしまう力を持っていて、酸化させるということは「老朽化させる」のと同じ意味を持つのです。

 

例えば、鉄をそのまま放置しておくと、やがて酸素によって酸化して錆びてしまいます。

 

さらに放置しておくと、錆びはどんどん侵食していき、いずれ鉄はボロボロになってしまうでしょう。

 

これと同じようなことが人間の体の中でも起きていて、生きるために酸素を吸収する度に、体の細胞は酸化していくわけです。

 

つまり、老化していくということですね。

 

細胞の一つ一つが老朽化して、その働きが鈍くなったり、正常に働かなくなったりしてしまいます。

 

そして、抗酸化作用とは、この酸化を防止する作用のことを言うのです。

 

簡単に言えば、老化防止に役立つ成分ということになります。