40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

乾燥肌の原因

乾燥肌は、アレルギーとは違うものです。
乾燥肌の原因は、大きく分けると二つに分類できます。

 

一つが先天的なもの。
つまり、遺伝子レベルによるものです。

 

もう一つが後天的なもので、生活していく上での習慣などが原因になります。

 

一つ目の先天的なものは、生まれつきの遺伝からくるものなので、原因をどうこうするよりも、症状を抑える手段を考える事が多くみられます。

 

二つ目の後天的な乾燥肌の原因としては、加齢や洗剤、食事、エアコンによる乾燥など、色々なものが考えられるでしょう。

 

肌は、何層も薄い角質が重なり合ってできています。

 

その一番上の部分が、皮脂膜というもので、汗、空気、皮脂が混ざり合っているのです。

 

この皮脂膜は、生活リズムの乱れや年齢を重ねる事などによって、作られなくなってしまいます。

 

皮脂膜がなくなると、その下にある角質から、水分が蒸発しやすくなっていきます。

 

これが、一般的な乾燥肌の原因です。

 

これを、乳液やクリームなどでカバーするという方は多いかもしれませんね。
ですが、この対処法もまた、乾燥肌の原因の一つになります。

 

人工的なものを与える事によって、さらに皮脂膜をつくる機能が衰退していってしまうのです。

 

なので、外側から何かをしても無駄なんですね。それよりも、食生活や睡眠などの問題点を除去するのが、一番の得策といえるのではないでしょうか。

 

原因を特定するのはとても難しいですが、思い当たるものを少しずつでも改善していけば、自然に乾燥肌の原因がわかるかもしれません。

乾燥肌の種類

乾燥肌には、とてもたくさんの種類があります。

 

そのいくつかを例に挙げて、簡単に紹介していきましょう。

 

まずは、一般的によくみられる乾燥肌から。
「乾燥肌」といわれるもののほとんどは、これだといわれています。

 

普通の乾燥肌は、痒みを伴います。この一般的な乾燥肌から、まれにアトピー性皮膚炎などに移行してしまう事もあります。

 

次に、老人性の乾燥肌です。
読んで字の如く、これは、加齢によって起こります。

 

特に、空気が乾燥する冬場や、夏場のエアコンによる乾燥などで症状が強くなります。

 

最後に、幼児性乾燥肌です。
これも名前の通りで、幼い10歳くらいまでの子どもに起こる乾燥肌です。

 

これは、まだまだ皮膚が未発達な為に起こるものですので、多少のカサツキ程度ならば、それほど心配はありません。

 

ただし、皮膚が赤らんでいたり、掻きむしるほどに痒がるような場合は、アトピー性皮膚炎の可能性もあるでしょう。

 

少しだけ紹介してきましたが、乾燥肌には、細かく分けていくとまだまだ種類があります。

 

症状の具合も人によって様々で、素人には区別がつかない事も少なくありません。

 

症状がつらい場合、もしくはつらそうにしている場合は、色々と自己療法に挑むよりも、皮膚科などで相談してみる方が安心です。

 

アトピー性皮膚炎などの場合は、アレルゲンが原因で起こる事も多くあり、アレルゲンを除去するには、検査で原因を特定する必要があります。

 

極限まで我慢してしまわないで、早めに受診してくださいね。