40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

ダイエットをすると保水力が落ちる

ダイエットをすると保水力が落ちる可能性があるので、注意してください。

 

健康的なダイエットであれば問題ないですが、過度なダイエットは健康にも良くないですし、肌にも良くありません。

 

過度なダイエットをすることで、血流が悪くなったり、新陳代謝が悪くなります。

 

また、肌荒れを引き起こし、ボロボロの肌になってしまうこともあるでしょう。

 

そうなってしまうと、保水力も必然的に低下してしまい、潤いのないカサカサ肌になってしまいます。

 

そのため、ダイエットは、慎重に行うようにしましょう。

 

最も保水力を低下させるのは、食事を極端に制限するダイエットです。

 

カロリーを考えて、栄養バランスの良い食事を心がけるなら、全く問題ありません。

 

しかし、1日1食しか食べなかったり、特定の物しか食べないといったダイエットは、肌状態を悪化させます。

 

確かにその方法であれば痩せるかもしれませんが、体調を崩す可能性が高いですし、保水力も大幅に落ちてしまいます。

 

食事だけで痩せようとせずに、体を動かすことも非常に大切です。

生活習慣を変えると保水力が上がる

生活習慣を見直すことによって、保水力をアップすることができます。

 

保水力アップに効果的な生活習慣

  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 運動をする
  • 食事に気をつける
  • リンパマッサージ

 

保水力をアップさせるのに絶対に必要なのは、十分な睡眠時間を確保することです。

 

睡眠時間が足りないと保水力が低下してしまうため、毎日たっぷりと寝るようにしてください。

 

夜10時から深夜2時の間は、最も成長ホルモンが分泌されるので、なるべくこの時間帯に睡眠をとるようにしましょう。

 

それに、リンパマッサージや運動をすることで、血液の循環が良くなり、新陳代謝をアップさせることができ、保水力も向上します。

 

また、乱れた食生活は保水力を低下させる原因になるので、栄養バランスの良い食事を意識してください。

 

特に、美肌効果があるといわれている緑黄色野菜や大豆製品は、積極的に食べるようにしましょう。

 

このような生活習慣を心がけることによって、保水力を向上させ、潤いのある肌を作ることができます。