40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

保水を保湿の違い

保水と保湿を同じような意味合いで使用されている人もいますが、実は全く意味が異なります。

 

その違いを理解することによって、今までよりも効果的なスキンケアができるかもしれません。

 

まず、保水というのは、肌に水分を与えて、乾燥を防ぐことです。

 

一方、保湿とは、保水して潤った肌の状態をそのまま保持することをいいます。

 

これが、保水と保湿の大きな違いです。

 

このことからも分かるように、保水をしても保湿をしないと水分が逃げてしまうので、全く意味がありません。

 

それに、保湿だけをしても肌に水分がありませんから、乾燥を防ぐことはできないのです。

 

スキンケアを行う上では、保水と保湿のどちらも行うことが非常に大切になってきます。

 

そして、保水を行うために有効なのが化粧水で、保湿を行うために有効なのが乳液やクリームといったものです。

 

中にはどちらか片方しか使用していない人もいますが、片方だけでは本来の効果を得ることができないので、必ず両方使うようにしましょう。

保湿のしすぎは良くない?

スキンケアにおいて保湿は必要不可欠ですが、だからといってしすぎるのは良くありません。

 

保湿をしすぎると、本来肌が持っている機能が低下してしまいます。

 

そのため、保湿は大事ですが、しすぎには十分に注意してください。

 

では、どうして保湿をしすぎると肌機能が低下するのでしょうか?

 

それは、保湿をしすぎると肌が保湿をする必要がないと勘違いしてしまうからです。

 

つまり、本来なら行わないといけないことをやらなくなるという訳です。

 

保湿をしないと肌が乾燥してしまい、肌トラブルを起こしますが、やりすぎると機能が低下して保湿をしなくなるため、そのバランスが非常に重要になります。

 

何事もやりすぎはマイナスの効果を出してしまうので、ほどほどにすることが重要です。

 

もし、保湿を行っても肌が乾燥するという場合は、本来持っている機能がかなり低下している状態だと思ってください。

 

その場合、肌の機能を元に戻すためにも、美容液やクリームの量を減らしてみるなど、スキンケアのやり方を変える必要があります。