40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

肌の保水力が低下する原因

肌の保水力が低下する原因

  • 新陳代謝の低下
  • コラーゲンの減少

 

まず、保湿力の低下には、新陳代謝が大きく関係しています。

 

新陳代謝が低下してしまうと新しい肌を作ることができないため、いつまでも古い肌で生活をすることになります。

 

古い肌は角質細胞がボロボロなので、いくら水分を与えても、吸収することができません。

 

そのため、肌の保水力をアップするには、新陳代謝を向上させる必要があります。

 

また、コラーゲンが減少すると保水性も失われていきます。

 

コラーゲンがないとどんなに水分を与えたとしても、すぐに肌が乾燥してしまうでしょう。

 

年齢を重ねるごとにコラーゲンの質が下がり、量も減少していき、肌の保水力が低下していきます。

 

だからこそ、美肌を作るためにはコラーゲンが必要だといわれているのです。

 

肌の保水力をアップさせるためにも、不足しがちなコラーゲンを摂取するようにしてください。

 

食べ物でコラーゲンを摂ることもできますが、上手く吸収することができないので、コラーゲン配合のサプリメントや化粧品などを使用するのがオススメです。

保水力が落ちる季節

保水力が落ちる季節というのが存在しますが、いつなのか分かりますか?

 

これは経験上、なんとなく予想がつくかもしれませんね。

 

秋から冬にかけてが、一年で最も保水力が低下する季節です。

 

具体的には、10月から11月になると、肌が乾燥してカサカサになってしまうことが多いでしょう。

 

この時期は空気が非常に乾燥しているので、どうしても保水力が低下してしまいます。

 

そのため、化粧水や乳液などを使用しても、肌が乾燥してしまいがちなのです。

 

ですから、いつも以上に念入りなスキンケアと食生活が重要になります。

 

普段は化粧水のみという人も多いですが、この時期には、乳液やクリーム、美容液なども使用してください。

 

また、食生活が乱れているとさらに保水力が低下してしまうので、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

偏った食生活は肌トラブルを招き、保水力にも悪影響を与えてしまいます。

 

もし、仕事が忙しいなどの理由で栄養バランスの良い食事をとることができない場合は、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うようにするのがオススメです。