40歳を過ぎたお肌の悩みをプラセンタを使ってアンチエイジングする

プラセンタを使ってアンチエイジングする

プラセンタは胎児の胎盤から取れるエキスで、近頃ではさまざまな分野で注目を集めている物質です。

 

その効能は多岐に渡っており、その中にアンチエイジング効果も認められているっす。

 

具体的には、肌荒れ、シミ、くすみ、更年期障害などに改善がみられる事が知られているようですが、血行の促進や免疫作用の活性化、代謝機能の促進、活性酸素の除去なんかの効果をもたらすため、アンチエイジングにも効果的であるといえるはずです。

 

プラセンタ療法にもいろいろな種類があるのですが、最も一般的なのは注射のようです。
注射といえば、コラーゲン注射を思い浮かべる人もたくさんいると思うのですが、それとは全く違います。

 

コラーゲン注射では、シワを取り除きたい部位に直接注射でコラーゲンを注入しますが、プラセンの場合では体の中に取り込むというものなので、痛みを感じにくい臀部や腕への注射が多いようです。

 

また、点滴で直接血液中に入れてしまう方法もあるようですが、注射に比べると時間がかかるのがネックのようです。

 

食物として体内に取りいれるタイプのサプリメントや、プラセンタ配合の基礎化粧品等も販売されていますが、純度や含有量にはそれぞれ差があるみたいなので、取りいれる際にはよく確認した人がいいでしょう。

 

プラセンタは、単純に肌の若返りだけではなく、身体全体の細胞の活性化など、全体的な若返り効果がみられるのが特徴になりますから、身体が軽くなるなどといった報告も出ており、本格的なアンチエイジングと言えるようです。

ホホバオイルを使ってアンチエイジングする

ホホバオイルとは、「ホホバ」と言う植物からとれるオイルで、人体になじみやすくて安全な上に、いろいろな用途で利用可能なオイルです。

 

元々は、人体に近い成分の鯨のオイルが利用されていたようですが、捕鯨禁止の流れで、成分が酷似しているホホバが利用されるようになったようです。

 

ホホバオイルは、アレルギーや火傷などと言った皮膚疾患の治療にも用いられるオイルで、人体の角質層に含まれる脂分と成分が大変似ています。

 

その為、肌に大変なじみやすく、医療をはじめとして色んな分野で利用されているよです。

 

皮膚の脂分にちかくて使いやすいばかりではなく、細菌にたいする抵抗力が高く、耐熱性も優れており、変質が少なく、高品質を長期間保つことができる特性がありますので、医療現場だけじゃなく、広く化粧品などにも利用されるようになっているます。

 

化粧品として利用したら、とても保湿効果が高く、人体から分泌される脂分と似た成分なので、肌なじみもよくスキンケアとしての効果を実感出来ると人気の高いオイルです。

 

また、そういった特質ですので、肌の弱い人でも問題が起きる事が少ないと言えます。肌のアンチエイジングとしては、手軽に取り入れることができて、肌の手入れにも大きな手間をとらない事から、段々に人気を高めています。

 

かと言ってその純度や含まれている量などは、メーカーによって大きな違いがありますからよく確かめた上で選んでください。