40歳を過ぎたお肌の悩みをアロマテラピーと美顔器でアンチエイジングする方法

アロマテラピーでアンチエイジングする

アロマテラピーと言えば、お香やアロマオイル(別名をフレグランスオイル)を炊いたり、アロマキャンドルを灯したりする事を想像する人が多いと思います。

 

元来アロマテラピーとは、精神を安定させる効果のある香りをかぐ事で、ストレスを発散させたり、安眠効果を高めたりするのを目的に使われていました。

 

その方法の多くが、お香として線香状に練られたものを直接燃やして香りを楽しんだり、アロマオイルに熱を加えて蒸発させることで香りを発生させたり、アロマオイルが練りこまれたキャンドルを灯す事で香りを発生させるものが主流でした。

 

アロマオイルは基本的に植物から抽出された油で、原料となる植物によって香りや効果、効能もそれぞれ違うようです。

 

近年、アロマテラピーの人気に便乗して、香りエキスを混ぜただけの粗悪品も多く出回っているので注意が必要です。

 

アロマテラピーでリラックスをする事で、ストレスがが解消できたり熟睡できたりすれば、女性にとってはアンチエイジングの効果も期待できるでしょう。

 

そのほかにも、美顔器や湯船にアロマオイルを垂らして、香りをかぎつつ、美肌になってすっぴんがキレイになる効果を高めると言う使い方も考えられます。

 

加えて、ホホバオイルといったベースオイルに適量のアロマオイルを混ぜて、直接肌に塗り込み、マッサージするという方法もアンチエイジングには効果的のようです。

 

いずれにしても、粗悪品では逆効果になってしまうので、アロマオイルの購入の際は注意してください。

美顔器でアンチエイジングする

アンチエイジングの為に美顔器を取り入れてようと思っている場合は、まず、美顔器にはいろんな種類があり、目的もそれぞれ違うという事を知っておきましょう。

 

美顔器でアンチエイジングするようだったら、主な目的はシワの改善、シミやくすみの除去、保湿などでしょう。

 

美顔器には、大別すると2つの種類があります。

 

:肌の汚れを落とすのが目的のもので、皮脂や角質を柔らかくして落としながら、化粧水や美容液の浸透を高めていく効果を発揮させる事が出来るタイプ。

 

:肌にいろいろな刺激などを与えるもので、肌の新陳代謝を活性化させてハリやツヤを与え、肌を活性化させる効果をあらわすタイプ

 

汚れを落とすタイプの美顔器は、吹き出物やにきびに悩む若い世代の女性を中心に人気が高く、年齢が上がるに従って肌の新陳代謝を活性化させるタイプの美顔器を求める女性が多くてなる傾向があるようです。

 

肌の新陳代謝を活性化させるタイプの美顔器にも、超音波式、レーザー式、イオン式など色々な種類があり、価格もピンからキリまで揃っていることでしょう。

 

肌質によっても、少し刺激が強いと感じるタイプの物もあるので、慎重に自分に適したものを選択したら良いと思います。

 

実際に試してみるのが一番間違いがないと思うのですが、口コミ情報も参考になるはずです。

 

また、本体価格はものすごく安くても、必要なジェルなどの消耗品が高価といった場合もありますので、継続して使う為のコストの事も考慮して決めましょう。