40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

くすみやそばかすを無くす方法

お肌をくすみやそばかすから守り、アンチエイジングを行いましょう。

 

そばかすは、紫外線によっておこる斑点と言われ、年齢を重ねていくと自然に消えてしまうことが多いようです。
ひどくならないようにするには、日頃から紫外線対策が必要になります。

 

紫外線はそばかすによくないだけでなく、肌を老化させる原因の一つといわれています。
肌の若々しいハリを取り戻すためにも、UV化粧品などを使い紫外線対策をしてアンチエイジングをする必要があります。

 

くすみは、皮膚が老化して血行が悪くなり、肌の透明感がなくなってしまった状態なので、くすみをなくすためには、肌の再生化と血行促進が必要と言われています。

 

古い細胞が肌の表面にとどまっている状態のくすんだ肌は、まずは念入りに洗顔を行い、角質をきれいに落とすとよいでしょう。

 

また、血行を促進するためには、ホットタオルで顔を温めたり、お風呂にゆっくりつかるとよいです。

 

血行促進には、顔のストレッチも有効です。
顔のストレッチは、顔を上下にのばしたり、鼻に向かって顔の筋肉を集めるという動作を5秒ずつ3回繰り返します。

 

無理に力を入れずにリラックスした状態でストレッチを行ってみてください。

 

ストレッチ以外にもフェイスニングと呼ばれる良い顔を作る運動を行うと、顔の血行を促進することができるでしょう。

 

地道な努力ではありますが、継続することで少しずつ、くすみやそばかすを取り除いていけると思います。

オイリー肌がひどい時の対処法

オイリー肌がひどい時の対処法

  • 食べ物に気をつける
  • 睡眠時間に気をつける
  • 化粧水で保湿する
  • 乳液をつけない

 

オイリー肌を改善するのも悪化するのも、食べ物にかかっています。

 

脂っこい物や糖分の多い物は皮脂の分泌を促してしまうので、できる限り避けるようにしましょう。

 

そして、緑黄色野菜は皮脂の分泌を抑えることができますから、積極的に口にするようにしてください。

 

睡眠時間が足りなかったり、夜更かしをしていると自律神経が乱れてしまい、皮脂の分泌量が多くなるので、睡眠時間をたっぷり確保するようにしましょう。

 

できれば、成長ホルモンが多く分泌される夜10時~深夜2時の間に就寝しているのが理想的です。

 

また、オイリー肌がひどい人は化粧水をつけていない事が多いですが、これは皮脂の量を増加させてしまう原因にもなるので、しっかりと化粧水を付けるようにしてください。

 

乳液はオイリー肌の人には不向きなため、つけないようにしましょう。

 

この様な事を意識すると、次第に改善していくはずです。