40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

お肌が老化する原因

お肌が老化する原因は4つあります。

 

紫外線のダメージと皮脂量の低下、細胞の酸化と加齢になります。

 

紫外線のダメージ
みやしわを作り肌を衰えさせます。

 

皮脂量の低下
乾燥を招きお肌のしわを増やしてしまいます。

 

細胞の酸化
活性酸素により酸化が起こり、肌を老化させしみをつくってしまういます。

 

加齢によるお肌の老化
加齢とともに衰える肌機能により、肌のハリやつやがなくなり、様々な肌トラブルを引き起こします。

 

 

これらのお肌の老化の原因を、まとめて改善するアンチエイジングに有効な方法は毎日の食事にあります。

 

まず最初に注目したい栄養素がビタミンCです。
ビタミンCはしみやそばかすを防ぐだけでなく、コラーゲンを生成する作用もあり、紫外線のダメージによるしみやしわ、加齢によるコラーゲンの減少に効果があります。

 

ビタミンCを多く含む柿やイチゴ、小松菜などを積極的に食べるようにしましょう。

 

細胞の酸化に効果があるのはビタミンEです。
アーモンドや落花生、カボチャやうなぎに多く含まれるビタミンEには抗酸化作用があり、活性酸素対策には欠かせません。

 

紫外線のダメージや皮脂量の低下、加齢にはヒアルロン酸がいいです。
ヒアルロン酸は肌の水分を保持するために欠かせない物質で、哺乳類の肉や内臓、皮などから摂取することができます。

 

高い保湿効果により、肌のはりや潤い、しわの改善などの効果が期待できます。

 

これらの栄養素を摂取することで、お肌の老化対策ができるはずです。

アンチエイジングはいつ頃から始めると良いか

アンチエイジングを行うと、若いころの様なモチモチした肌を手に入れることができるかもしれません。

 

しかし、アンチエイジングをいつ始めれば良いか、分からない人も多いのではないでしょうか?

 

アンチエイジングを始める時期については様々な意見があるようですが、20代後半には始めた方が良いでしょう。

 

人間の肌は20歳がピークで、それ以降はどんどん衰えていきます。

 

そして、20代後半になるとお肌にハリや潤いがなくなり、徐々にシワができやすくなり、今まで隠れていたシミの予備軍が、シミとして現れ始めるのもこの頃からになります。

 

ただし、20代はまだ肌に回復力があるので、過度にアンチエイジング用の化粧品を使うのは控えた方が良いです。

 

若いうちからアンチエイジング用の化粧品に頼ってしまうと、肌の回復力が低下してしまい、肌の老化が早まってしまう可能性があります。

 

そのため、20代までは保湿ケアを意識した軽いアンチエイジングをして、30代になってから本格的なアンチエイジングを始めた方が良いかもしれません。