40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

アンチエイジングの基本

アンチエイジングの基本は、健康な体にあると言えるでしょう。
そもそもアンチエイジングの語源ってご存知ですか?

 

アンチエイジングの語源は、時間を戻すという所からきており、老化を防ぎ、若返りを促すという意味で使われます。
しかし、見た目を人工的に美しくしても、体の中から若々しくならなくてはアンチエイジングの意味がありません。

 

アンチエイジングを行い若返るためには、血液の老化を予防するのが一番効果があると言われています。

 

肩や腰の凝りや痛み、肌や髪の毛などの衰えは血液が老化してしまい、循環が悪くなることが原因です。
健康な体の為に、まず血液の老化を防ぐ事がアンチエイジングの基本となります。

 

血液の老化を防ぐためには、冷たい食べ物や飲み物で腎臓を冷やさないことが大切で、血液の循環をよくするためには、腎臓の機能を高めることが重要になります。

 

体を冷やすと老化が早まってしまうので、体とお肌の若さを保つためにも冷えは厳禁です。

 

また、食生活にも注意が必要で、小魚や海草などでカルシウムを多く取ることも大切です。

 

サプリメントなんかに頼らず、なるべく食事で栄養を補給しましょう。

 

他にも、オイルマッサージをしたり、自律神経のバランスを整えると言われる爪マッサージも効果的です。

 

このような事を気をつけながら生活して健康な体を手に入れることが、アンチエイジングの基本になると思います。

食べ物が原因で肌トラブルになることもある

肌トラブルと食べ物は非常に大きな関係があるので、食べ物が原因で肌トラブルを起こす場合もあるようです。

 

では、どういった食べ物が肌トラブルを引き起こすと思いますか?

 

肌に悪い食べ物として有名なのは、加工食品やジャンクフードです。

 

加工食品やジャンクフードには、基本的に糖分や脂肪分が多く含まれており、皮脂の分泌を促進させてしまいます。

 

皮脂の分泌量が多くなると毛穴に皮脂が詰まってしまい、ニキビを作る原因になるため、肌トラブルを避けたい場合は加工食品やジャンクフードは極力食べない方が良いと思います。

 

また、紅花油やマーガリンといった不飽和脂肪酸を含む食べ物も、肌トラブルを起こす原因になります。

 

食べ過ぎなければ問題ありませんが、肌の老化を促進させる働きがあるので、気をつけないといけません。

 

同じように、食べ過ぎると肌トラブルを引き起こすのが、肉とお菓子です。

 

肉には脂肪分がたくさん含まれているし、お菓子には糖分がたくさん含まれているので食べ過ぎには十分注意しましょう。