40歳を過ぎたお肌の悩みを 改善・変化させくれる肌年齢改善化粧品を紹介

お肌の曲がり角とは

20歳の友達「もうお肌の曲がり角だね」って言ったことがありました。
お肌の曲がり角は30歳くらいのことを指すのだと思っていた私は、驚いたのを覚えています。

 

しかし、確かに20歳の頃から肌はどんどん変わってきた様な気がします。
一番わかりやすかったのは、日焼けした肌がなかなか元の色に戻らないことです。

 

高校生の頃までは、日焼け止めを塗っていなくて真っ黒に日焼けしても、夏が終われば日焼けが気にならなくなっていました。

 

実際「お肌の曲がり角」には、20歳、25歳、30歳と色々な説があり、20歳を指すという主張は、新陳代謝がそれくらいの年齢をピークに下がっていくということで20歳とされているそうです。

 

この年齢を過ぎると、お手入れをしているかどうかで差が出てくるということです。
一部には、若いうちからたくさんの化粧品を購入させようという、化粧品会社の宣伝文句という説もありますが・・・

 

お肌の曲がり角は、結局人によって異なるもので、何歳から?ということに正解と言うのは無いようです。

 

その時期をなるべく遅らせるためには、紫外線を避けることが一番だと言われ、タバコや、お酒、食べ物の影響など総合的なところではあります。

 

肌の老化の原因の半分以上は日光によるものなのは、たくさんの人の中で一致している見解です。
日傘や帽子、日除けの手袋など、すぐにできるところから取り入れていきましょう。
サングラスにも効果がありますよ。

肌質が急に変わっ時は?

肌質が急に変わってしまった方も多いと思います。
女性の場合、今までは普通の肌質だったのに、急にオイリー肌になったり、乾燥肌になってしまうということもあります。

 

何が原因なのか?
主な原因は以下のようなものがあります。

  • 食生活
  • 生活習慣
  • ホルモンバランス
  • ストレス

 

脂肪分や糖分の多いものをたくさん食べることによって、オイリー肌になる可能性があり、野菜不足もオイリー肌を生む原因になるでしょう。

 

それに、睡眠不足や運動不足の場合では、急に乾燥肌やオイリー肌になってしまうことがあります。

 

妊娠や出産の影響でホルモンバランスが乱れてしまい、肌質が変わることも珍しくありません。

 

それから、ストレスを過剰に溜めてしまうと自律神経が乱れるため、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

その結果、肌質が変わることもよくあるようです。

 

肌質が変わるのは、何かしらの原因があるので、思い当たることがないか考えてみてください。